もったいないなぁ・・・・

今日は星組の全ツ「ベルばら」を観に行ってきました
外伝三部作(四部作?)の第三弾、ベルナール編です
プロローグは全バージョン同じで幕開きから
煌びやかなベルばらの世界が繰り広げられてました

しかーし。
今回のベルばらのプロローグは、無理やり
男役=きのこ、娘役=小公女をやらせているため
人によってはかなりの衝撃を受ける事になってる方も
いらっしゃって
うちの組で言えば
「い、今さらいづるんやゆめみちゃんが小公女・・・
 いや、それよりもかよちゃんが

と、気の毒になったんですけど、星組には
さらに上回る方々が

に、に、にしき愛さんがまさかのきのこっ
昨日の初日を観劇したMさんから報告されていたので
始まってすぐに確認したんですけど、知ってて観ても
かなりのインパクトでした
私は残念ながら確認できなかったんですけど
朝峰ひかりさんも小公女で登場だそうで
意外にも(失礼)ももちゃんはかなり可愛かった
ニコニコでシャンシャンを振る笑顔が
めっちゃ可愛かったです

そんな衝撃映像(映像ちゃう)の数々はともかく
プロローグから例の「愛のかたち」を歌う
とうこちゃんの美声で聴いて改めて
「辞めちゃうのもったいないなぁ
って思ってウルウルしちゃった
あと何回この歌声を聴けるのかなぁとか思っちゃって
昨日、舞台が始まった途端に泣いたという
Mさんの気持ちがすっごい分かるなぁって思いました
さあ、以下はネタばれありの感想

お話自体は、黒い騎士・ベルナールが
オスカルに正体を見破られてジャルジェ家に
滞在する事になったいきさつから始まり、
ロザリーとの再会、そして革命を前に
パリに戻って市民と共に戦いに身を投じるも
革命は完結せず、新しく指導者となるべく出現した
ナポレオンを皇帝に即位させる事はできないと
暗殺を企ててアランと共謀するが・・・
というような感じで、期待値がものすごく低かったせいもあり
なかなか話の筋は無理なく進行していったような

花組バージョンを観てないので雪・ジェロ様編と
比較して語らせていただきますが、うちの組のような
「オカシな」場面がなくて羨ましかった
「明らかにここいらなくないみたいなシーンとか
「ここの台詞、オカシくないってな場面が
ほとんど全然なくて、ずっと真剣に見入る事ができた、
と言う感じでした

特にラストシーンがよかった
ジェロ様編のようにどうしようもなくやりきれない終わり方じゃなく
未来に向かって前向きな終わり方をするのでよかったです
ベルナールは死なないのでそれもよかったし
それなのに思わず最後の場面では泣いてしまいました
植爺にしてはまともな仕上がりでした

それでは、ツボったポイントを上げていきます
ロザリーのあすかちゃんがめっちゃ可愛いぃぃぃ
 正直ポスターのロザリーはちょっと
 あすかちゃんのイメージと合ってないなぁなんて
 思ってたんですが、実際の舞台ではかなり
 可愛いロザリーでした
・特に可愛かったのが、オスカルに指示されて
 ベルナールの行動を見張っている時、
 ずーっとベルナールの後をくっついて
 チョコチョコって歩いて行くのですが
 その歩き方がめちゃくちゃ可愛くて
・さらに、ベルナールと結婚してパリに戻った時、
 市民のみんなに「奥さんを紹介しとくれよ
 って言われて、照れて何も言えない
 ベルナールの前に出て
 「ロザリーですよろしくお願いします 
 って自己紹介した後、サササッとベルナールの
 後ろに隠れるのがすっごい可愛かった
・とにかくロザリーは可愛い
とうこちゃんの正義の味方役はやっぱりハマル
・主題歌がめちゃくちゃいいのですが、
 それはやっぱりとうこちゃんの歌唱力あってこそで
 一人で歌ってる時もあすかちゃんとのデュエットの時も
 「聴かせて」もらいました
・マロングラッセのちぐちゃんがチョコマカした動きで
 可愛かった
・えびちゃんのジャルジェはお茶目パパバージョン
・足が長いからスターブーツも似合っちゃうえびちゃん
・結婚して10年も経ってるのにラブラブ夫婦な事を
 しぃちゃんアランに冷やかされるとうあす
・ちょっとした行き違いでロザリーに裏切られたと思った
 ベルナールがロザリーを引っ叩いたのにはびっくり
・アランの男気に涙
すずカルがとてつもなく可愛くてキレイだった~
・ジャルジェパパが
 「何故キケンなパリなんかに行かせたんだー
 ってアンドレとマロングラッセを叱り付けてから
 上手にはけて行った後、下手のセットの陰から
 こそっといたずらっ子のような笑顔で顔を出して
 「カミナリが発生していたから様子をうかがってたんだ
 って言うとこがめっちゃ可愛いのぉぉぉ

ショーについてはまた後日
(とか言ってていつも書かないくせに
(いや、書きます、多分

最後に。
今日は二回目のカーテンコールの時、
スタンディングオベイションやったんですけど
それはもちろん今日の舞台が素晴らしかったので
その事に対して、というのもあるだろうけど客席が
「とうこちゃん、ありがとう
っていう気持ちで拍手を送っていたように感じました
実際私はそういう気持ちで、ホントに
とうこちゃんに向けて感謝の気持ちで
精一杯の拍手を送ってきました
一回でも観られてよかったです



拍手する

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック