月の輝き☆

最近はずっと,.通勤時には月エリザをMDで聴きながら、
という生活をしていたんですが、ようやく別の作品を聴こうという気になって、
従妹が録音してくれた数々の宝塚作品の曲たちを久しぶりに聴いております(^^)
どれも名曲揃いですね~☆

月エリザ封印の理由。それはもちろん「トート閣下」です(*^^*)
月バージョンではこの公演で退団された彩輝なおさんがトートでしたが、
水トートを見てしまった今の私はついつい比べてしまって。。。
キリーニにくったらしくて大好きなんですけど(^-^)しかも相当カッコよかったし(#^0^#)
「在庫なしっ!」なんて相当ムカつく言い方です(^_^;)
エリザあさこちゃんも とっても美しかったし(^^)
でもねー、やっぱり「エリザベート・宝塚版」の主役はトート閣下。
他の人の歌声を聴いても水トート閣下の歌声が頭の中で鳴り響いてしまう訳ですよ(*^0^*)

他の人、と言えば。私と同じくたかこさんのファントム姿にヤラれてしまったTさん。
「きっと和央さんがトートやったらすごい似合ったやろうね~(^^)」なんて
言うもんだから勝手に頭の中で たかこさんに最後のダンス歌わせてしまいましたよ(^^;)
あと一幕ラスト銀橋での「おまえに命 許したために~ 生きる意味を~ 
見つけてしまった~♪」も歌っていただきました。そう、勝手に(^_^;)
今となってはもう叶わぬ願いですが、見てみたかったな~(^^)

いやいや、話脱線。今日の本題は「月組」さん。
前にも書きましたがうちの従妹は超が1000個、いや数限りなくつくほどの
きりやんファン。去年の今頃だったか、「すごい好きな人見つけた!絶対これ
見て~(*^0^*)」ってな事を言ってうちにやってきた従妹の手には
月組梅田芸術劇場公演「Ernest in Love」のDVDが。
その時はたかこさんがまだ在団中で宙組にしか興味のなかった私は
「ふ~ん、月組か。っていうかこれのポスター、阪急電車の車内吊で見たことあるな。
面白いん?」って感じで全く月組にも、もちろんきりやんにも興味なしっ!
てな感じでした(^_^;)

しか~し、舞台が始まって数分後、きりやんとあさこちゃんの、というかハッキリ
言ってきりやんの歌声に「上手~い(*^^*)カッコいい~(*^0^*)」と、
まんまと従妹の策略(?)にハマり、きりやん株急上昇!もちろん同時に
あさこちゃんも好きになってました(^^)
この二人の掛け合いがものすごくいい「間」なんですよ。そして二人とも歌がお上手☆
特にきりやんは私好みの、低くて深みがある声のうえ、艶も伸びもバッチリで
歌唱力抜群!どんな変な歌を歌ってもきりやんが歌うと歌詞もメロディーも
ハッキリ把握できるのです(^-^)
この作品はコメディだったのでお話も面白く、最後まで飽きさせることなく
テンポよく進んでいきました。
当時専科さんだったたきさんの歌声にもシビれました☆「ハンドバッグの歌
(正式なタイトルではないと思います)」
は楽しい歌ですが、上手い人じゃないと
「聴かせる」のが難しそうな歌。さすがにたきさんは歌いこなしてらっしゃいました(^^)
これはあさこちゃんとかなみちゃんの月組新トップコンビお披露目作品。
二人ともこの作品で初めて見て、いきなり大好きになりました(^-^)
あさこちゃんはカッコいいし面白いし歌は上手だし、かなみちゃんも可愛くて
お芝居も歌もほんとにお上手(^^)宝塚の娘役さんの中ではかなみちゃん
が一番好きかも☆

この前雪エリザを見に行った時、月組さん数名が観劇に来られてまして、
その中にかなみちゃんもいらっしゃいましたが、素もとっても可愛らしかったです(*^^*)

そして、きりやんですよこの作品ではお調子者でぐうたらな貴族の若様の
役どころ。執事にもまだまだ甘えてるようなお坊ちゃまのきりやんはとっても
可愛らしくて、最初に勝手に思っていたイメージと全然違って、それがかえって
強烈な印象を受ける事に。私の一番のツボ、「歌」があんなに上手くては好きに
なるしかない!
きりやんが歌うたびに鳥肌です(#^0^#)

そんな私が生できりやんを初めて拝見した舞台が昨年の月組大劇場公演
「暁のローマ」。これは出だしできりやんが当時月組生だったみっちゃんと
掛け合い漫才をしていたんですが、そのバリバリの関西弁もかなり好き
ポイントが上がりました(^^)でも舞台が始まると一変、小憎らしいアントニウスに。
残念ながらあまり出演シーンは多くなかったものの、ソロの場面はいくつか
あったので、その美声に酔いしれる事が出来ました(^-^)
それからはちょくちょく従妹に勧められた作品を見たりするようになり、
どんどんきりやん&あさこちゃんの魅力にハマッていった訳です。
今年の月組お正月大劇場公演「パリの空よりも高く/ファンシー・ダンス」は
実に3回も観劇してしまいました(^_^;)
この時のきりやんは可愛らしい役だったので、またまた好き度アップ
そしてショーの方では踊るきりやんが素晴らしかった☆
群舞の時はいつも一人でニコニコしてるし(^^)

今年の元日に一回だけスカステで放送された月エリザ。従妹が泊まりに来た時、
「もう夜遅いし、とりあえずキリーニのシーンだけさらっと見せて」と言われて
見始めたんですが、ご存知の通りルキーニはほとんどずっと舞台にいる役。
しかもずっと歌ってる。さらにエリザベート自体がものすごくよく出来た作品、
ということで結局通して全部観てしまいました(^_^;)
キリーニ、めちゃくちゃ男くさくてワイルドでカッコいいんです(#^0^#)
しかもお歌が上手なんで、どのシーンでも全部キリーニの独壇場って感じ
「ミルク」のシーンでトートが「ミルクはどこに行った~ ある所にはあるさ~
 ミルク風呂に入ってる~ 皇后♪」って歌う途中で入るルキーニの合いの手
「新聞に書いてある~♪」と「そ~うだろっ!?♪」がかなり好きです(^^)
あと、「キッチュ」のシーンで「でもハンガリーでは エリザベート人気は
最高潮~♪」の「ハン」って所、結構ここだけ高い音で歌ってるんですけど
そこが好きですね~(^0^)細かい場所ですんません(^_^;)
でも。。。今となっては録画したDVDがアホになってしまい見ることが出来ない
のでひたすらMDで聴くのみ。。。あの憎たらしい顔が見たいのに(:_;)

今月のバウ公演「大坂侍」は「きりやんがバウやるねんて!」との情報を
ゲットした時には観劇を決めておりました(^0^)
そして先週「大坂侍」を観に行った時の事は先日のブログに書かせて
いただいたのでここでは省略させていただきますが、さらに今度の日曜日
には2回目の観劇に行ってまいります(^^)

きりやんだけでなく、月組さんは組自体が好きです(^-^)
トップのあさこちゃんは言うまでもなく、宙から舞い戻った超二枚目長身スター
遼河はるひさん☆
はるひんが宙組最後の作品で演じた「アギラール」
キリーニに勝るとも劣らない憎たらしい役でしたが、ものすごくカッコよかった(*^0^*)
出てくるたびに歌いまくってましたが、相当上手い☆月組作品(といっても私が見たのは大劇場公演のみですが)ではあまり
歌声を聴く機会がないので、これからもっと歌ってほしいな~と思います(^^)
副組長さんの嘉月絵理さん も結構好きですね。何と言っても役の幅が広い!
ダンディなおじ様かと思いきや、色っぽい美女に変身するし(^^)
「暁のローマ」ではブルータスの母でカエサルの愛人セルヴィーリア、エリザでは
娼館のマダムヴォルフをお色気たっぷりに演じていた絵理さんと、
「パリ空」でおヒゲの将軍、「大坂侍」では悪の「黒門一家」の親分だった
絵理さんが同じ人とは思えません(>_<)

あさこちゃんの魅力については数々ありますが、私が一番好きな部分は
「素でも男前☆」ってところでしょうか(^^)トーク番組とか写真とかを見るたびに、
ほんまにこの方はかなりの男前やなー、とつくづく思いますね。
でも時折見せるお茶目さもとっても好きです(*^0^*)
さらにエリザでのあの美声!「ほんまにこの人男役っ!?」ってぐらいの高音で
「私だけに」を歌い切った時は全身鳥肌~(#^0^#)
少女時代のエリザ登場シーンではかなり可愛かったし(*^^*)
でも後半では見事にルドルフの母親になってました。ユウヒ氏とは同期なのに
「ママ」でしたね(^^;)

あさこちゃんに限らず、ジェンヌさん達って本当にその作品の役に見事に
なりきるというか、役の幅が広い人が多いです。
作品によって実に様々な魅力を振り撒いてくれるのでどんどん虜になって
しまうんでしょうね(#^^#)
大人になると目に見えて成長するって事がなくなるじゃないですか。
特に普通の勤め人は。
ジェンヌさん達って数年前の舞台を観ると今より全然端役だったり、ほとんど
セリフもないような役だったりする人が今では主役級だったりしていて、
成長過程と努力がハッキリわかる所も好きなんですよね~(^^)
本当に尊敬します☆最近色んな人の下級生時代の作品を見たりすると
余計にそう思います。

そしてこうやってまた長々と魅力を語ってしまう私でした。。。(^_^;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック